個人とチームのパフォーマンスをしっかりと観察して、勝利のための準備をしっかり整えましょう。

最高レベルの大会に臨むチームにとって、今やビデオ分析を行うのは当たり前のことになっています。パフォーマンスに対する深い洞察こそが、チームや選手の向上、相手に対するより良い準備をもたらすのです。

ビデオ分析を使ってチームを勝利に導く、4つの方法をご紹介しましょう。

ビデオはあなたの「もう一つの目」

どんなに目を凝らして見ても、サイドラインに立っていては見えないものがあります。ゲーム後に、グラウンドで起きたすべてのことを思う出そうというのも、また無理な話です。オックスフォードハイスクールのJonathan Branchコーチによれば、「フィールド上ではたくさんのことを見ているけど、どこが悪かったのか本当に理解できるのは、後でビデオを見返しながら書きとめてみたときなんですよ。この習慣が私を良いコーチにしてくれました。」

ビデオを見返し、ゲームの流れを変えた「その瞬間」を発見する、それが次の試合に向けた準備に役立つのです。

ビデオは究極のコーチングツール

あなたが教えたコーチングポイントを、試合の中で選手が思い出してくれるでしょうか。「ウィングの選手に、ボールが反対サイドにあったら中央を突っ切ってほしいと、言葉で伝えることはできます。彼もそのときはわかったように見えます。しかし、どのように走って、どのくらい広がってというのを理解させるなら、映像で見せることには比べものになりせんよ。」とBranchコーチは語ります。

アイオワ大学の研究者たちは、学習に与える視覚の効果を研究しています。その研究によると、私たちは言葉だけで選手が覚えていてくれると思いがちですが、「もし何かをしっかりと記憶に刻んでもらいたいなら、言葉だけでなく、視覚、または手作業を入れる必要がある。」ということなのです。

ビデオをコーチングツールとして使えば、知識や言葉を、最もそれに関係が深い実際のプレーの映像と一緒に提示することができます。あなたが教えたいポイントを、的確に選手たちに与え、共有することができるのです。

Hudl-for-Soccer_Blog-Asset

Branchコーチはまた、選手たち自身にも分析をさせます。「彼らに分析をさせて、そして『どこが悪かったと思う?』と問いかけます。彼ら自身に、主体的に考えさせるのです。今までとまったく違った姿勢でゲームを見るようになります。」

「そうしたセッションを4回、5回と繰り返していると、彼らの注意力が変わってくるんです。『Brnachコーチ、ビデオを止めてください。ここが悪かったところです。』と言うようになります。彼らは、私がまさに教えたかったゲームの大きな局面をピックアップし始めます。こうして、彼らはより良いサッカー選手に、チームメートになっていくのです。」

#コツ:ポジションコーチに、特定の選手に関連づけながらゲームを分解させてみましょう。ゴールキーパーコーチには、ゴールキーパーに関連したプレーを見つけさせ、ノートやドローイングを加えてプレイリストを作らせて、ゴールキーパーと共有させましょう。

ハイライトを使ってチームのケミストリー(相性)を向上

お互いの成功を讃え合うことは、チームのケミストリーを向上させるのに有効な方法だと証明されています。ビデオレビューの機会を使って、個人やチームの勝利、成功の場面を披露しましょう。数分の時間をとって、個人的に成長した選手を褒めてあげましょう。チームのメンバーに、どんな瞬間をもう一度見てみたいか聞いてみることもできるでしょう。

#コツ:チームのハイライトムービーを、チームのプロフィールページに保存しておきます。その「特別な瞬間」を目にすることは、チームのメンバーにとって楽しいばかりでなく、友達や家族も一緒に喜び合うことができます。

対戦相手の強みと弱みの理解

試合への準備は、対戦相手の強みと弱みを知らなくては成り立ちません。対戦相手のビデオを見て傾向を把握することで、ゲームプランの構築ができるのです。ノート付きのプレイリストを作ってチームに学ばせる、このステップを進めましょう。対戦相手の過去のゲームのすべての局面を詳しく分析し、ゲームに向けたより良い準備につながるのです。

#コツ:対戦相手の分析を選手たちにさせて、ビデオミーティングのためのプレゼン資料を作らせましょう。そうすることで、自分の見つけたことを他の選手に伝えるだけでなく、ゲームプランについての説明責任を持つようになるのです。

より賢いサッカーは、ビデオ分析から始まります。無料のニュースレター(英語)で、Hudlの機能、今後のアップデート、チームのクローズアップ、そしてパフォーマンスを向上させるためのコツについての情報をキャッチしましょう。

この記事はHudl.comのこちらのページを翻訳したものです。
ニュースレター(英語)の申し込みはこちら