このブログシリーズでは、Hudlでスポーツコードのプロダクトマネージャーを務めるPaul Arnott氏が、
Hudl スポーツコード」についてその開発の経緯、そして最先端の機能を紹介していきます。
まずは待望の新機能、”マルチアングルキャプチャ”です。

 

私は2002年からスポーツコードを使ってきました。
世界中の多くのアナリストと同じように、スポーツコードの虜になり、信じられないほど使いやすいと感じました。
2014年、私はスポーツコードの開発チームに入り、スポーツとテクノロジーを融合させるこの仕事に情熱を注いでいます。

現在、スポーツコードの開発マネージャーとして開発チームを率い、まったく新しいスポーツコードの開発に12ヶ月間取り組んできました。それは世界中のカスタマーのそれぞれのワークフローを、より豊かにします。

端的に言えば、開発の目的はスポーツコードのプログラムを再構築し、これまでで最も速く、最も強力なものにすることです。
最も重要だったのは、新しいプログラムの構造をもっと柔軟なものにすることでした。
それはユーザーからのフィードバックを素早く取り入れ、新しい機能として実装していくことを意味します。スポーツコードはこれからもスポーツ界からの要望に応えるべく、進化を続けていきます。

過去数カ月間、100以上の組織がHudl スポーツコードのベータテストに協力してくれました。
彼らからのフィードバックを聞くたび、スポーツ分析界にこの新しいプロダクトがもたらす可能性を考えワクワクしていました。

このブログシリーズでは、いくつかの大きな変更点について、それがユーザーにもたらすインパクトを紹介していきます。
2019年中頃に予定しているHudl スポーツコードのリリースを前にしたプレビューです。

まず真っ先に紹介したいのが「マルチアングルキャプチャ」です。特にトレーニングや練習の際、複数のアングルからのビデオを録画できる機能です。

 

すでにご存知だと思いますが、マルチアングルキャプチャは現在のスポーツコードでも実現しています。しかしそれは非常に面倒で、ユーザーの負担を伴うものです。

スポーツコードv11(現在のバージョン)では、それぞれのアングルを録画するために別々のコンピュータが必要です。
つまり
5つのアングルのビデオをキャプチャするには、5台のコンピュータが必要なのです。

トレーニングの際、複数のアングルのビデオを録画しているほとんどのチームは、カメラを複数のコンピュータにそれぞれ接続し、1台に1つのアングルのビデオを録画しています。スポーツコードの「コミュニケーションウィンドウ」を使えば、録画の開始のタイミングを合わせることはできますが、わかりやすい方法ではありませんでした。

トレーニングが終わった後に、ビデオをスタックしているチームもあります。これにはまた、別の手間が伴います。それぞれのビデオの時間を同期させなくてはならず、さらにビデオとデータも同期させなくてはならないからです。これがもし、時間に追われる試合の日なら、もっと面倒なことになります。

 

Hudl スポーツコードは、このプロセスをもっと簡単にします。複数のアングルのビデオを、1台のコンピュータに録画できるのです。トレーニングの開始のときに録画ボタンを一度押し、終了のときにもう一度押すだけです。なんと簡単でしょう。

トレーニングが終わったときには、1台のコンピュータ上で、すべてのアングルのビデオが1つのパッケージで保存されています。すべてのビデオは同期し、もしタギングしたデータがあるなら、それも自動的にビデオと同期しているのです。

今まで複数のアングルのビデオを使っていたスポーツ、例えばサッカー、ラグビー、AFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)、フィールドホッケーなどにとって、この機能は大きな朗報になると私たちは期待しています。
もちろん、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケーといったスポーツに対しても、もっと分析の可能性を広げるでしょう。
さらに、この単純化されたマルチアングルキャプチャが他の
Hudl Pro Suiteの製品群と連動して働く、わくわくするプランを私たちは準備しています。

 

次回のHudl スポーツコードのアップデートは、私たちもとてもワクワクしている、チームミーティングのためのプレゼンテーション機能についてご紹介します。

(原文)Hudl Sports­code Count­down: Mul­ti-Angle Capture
https://www.hudl.com/blog/hudl-sportscode-blog-one
(追記:競技用語など、翻訳の正確性は保証いたしません。)

 

(日本チーム注)マルチアングルキャプチャは、「スポーツコード エリート」ユーザー向けのオプション機能です。ご興味ある方は営業担当者までお問合せください。