サッカーのビデオとデータの世界最大のデータベースが、Hudlのエンド・ツー・エンドの分析プラットフォームに統合され、優れた選手の発掘、コンテンツの共有、そしてコラボレートがこれまで以上に容易になります。

WyscoutのHudlファミリー加入という発表に際し、私はこの買収がサッカー界にもたらす利益、そしてエキサイティングな未来についてお話ししたいと思います。

 

迅速で柔軟なワークフロー


アナリストにとってのゴールは、ビデオとデータから様々な疑問を抽出し、そこから実際のアクションにつながる気づきを得ることです。しかし、アナリストは複雑なワークフローを遂行することに精一杯で、疑問の抽出すらままなりません。

クラブが互換性のない複数のシステムを採用していることで、アナリストたちの能力を最大限に発揮させることができていないのです。

HudlとWyscout、2つの会社が一緒になることにより、クラブはビデオとデータを簡単に扱えるようになる上、その映像やデータに自分たちの視点を加えることができるツールを手にすることになります。

スポーツコードシリーズの成功をベースに、私たちはフットボール界で最も包括的なプラットフォームを構築していますが、それはまだクラブを驚かせるまでには至っていません。なので、このプラットフォームをもっと迅速で柔軟性があり、必要な時、必要な場所でインサイトを得られるものにしようとしているのです。


スポーツ界の問題を解決する製品を開発するHudlの歴史について語るジョン・ワーツ(英語)

 

自分のポテンシャルを開花させるサポート、その歩み


デビッド(グラフ – CEO)、ブライアン(カイザー – CTO)と私が大学で出会い、ネブラスカ大学コーンハスカーズ(アメリカンフットボールチーム)のために最初のプロダクトを作ってから、長い年月が経ちました。しかし私たちが2006年にやろうと決めたことは、今もなお代わりありません。ビデオ分析、データ、そしてコミュニケーションを通じて、チームがそのポテンシャルのすべてを発揮できるように支援したいのです。コーチとスタッフが作業時間を節約し、アスリートと、そして家族ともっと多くの時間を過ごせるようになってほしいのです。

WyscoutとHudlは、どちらもイタリアとアメリカの比較的小さな町で産声を上げました。マテオ(カンポドニコ、Wycsout CEO)とWyscoutチームに対して、私たちは出会ったそのときから、非常に強いつながりを感じました。根本にあるのは、どちらの会社も「我が家」と呼ぶ小さなコミュニティにしっかりと定着しているという事実です。

わたし達は、従業員や会社が周囲のコミュニティに良い影響を与える存在であることに深く配慮しています。そして、両社ともに世界規模でスポーツに影響を与えるというミッションを持ち、テクノロジーの力でコーチ、アスリート、チームをサポートできることを強く信じています。

 

人材の価値


私たちが創業当初から大事にしているもの、それは従業員がどれだけユーザーのことを理解しているかということです。つまり私たちが採用しているのは元アナリストや元コーチなど、この業界での経験がある人たちなのです。こうした人たちはユーザーの悩みを親身に理解し、私たちの製品がそれをいつ解決できるのか、見出すことができます。Wyscoutも、同じことを従業員に対して強調しています。ユーザーをよく理解すること、我々が貢献したいと思っている業界から人材を採用するということです。

はじめは小さなスタートでしたが、ハドルとスポーツコードは今や世界中で35種類のスポーツで600万人のユーザー、15万のチームに使われるようになりました。Wyscoutは200のリーグと大会における55万人の選手のプロファイルを持ち、2000以上のプロサッカークラブ、連盟、代理人に使われています。この規模こそが、今後のイノベーションとコラボレーションのためのワクワクする機会を生み出します。

 

Pro Suiteと進行中のイノベーション


この発表は、単なる買収、単なる2つの企業の合併ということにはとどまりません。クラブやチームが直面している最も困難な課題を解決するというためには2つのプラットフォームをひとつにまとめる必要があったのです。

Pro Suiteは、世界中のトップレベルのスポーツ組織のためのエンド・ツー・エンドのソリューションです。自動化されたビデオキャプチャ、データサービス、ビデオ分析、共有までのすべてをカバーしています。世界規模のトップチームがPro Suiteを利用している様子を見ると、スポーツコードを使って複数の試合―10試合、20試合、ときには30試合―にわたる詳細な分析を行っています。WyscoutをHudlのプラットフォームに統合することによって、どんなチームも10試合、20試合のデータをほんの数秒でスポーツコードに取り込むことができるようになり、詳細かつチーム独自のの分析を実現できます。

また、これにより両社がが機械学習とAIに行ってきた投資もひとつにまとまるので、その成果をより早くユーザーに届けることができるようになります。

スポーツにおける最も効果的なワークフローとは、ビデオに始まりビデオに終わることを私たちは知っています。WyscoutとPro Suiteの統合によって、数十万の試合とクリップがPro Suiteのユーザーの手元に届けられ、適切なビデオを使った分析がさらに簡単にへ始められるのです。

今後数週間から数か月の間に、2つの会社の協力がもたらす価値を皆さんに感じていただけることでしょう。しかし私たちは、その次に起きるであろうことに興奮しています。それは、すべてのクラブが強力なデータ主導の意思決定を、データサイエンティストの集団なしに毎日行うようになることなのです。

私たちのビジョンは壮大なものです。なぜなら、それがユーザーの皆さんにとってふさわしいものだからであり、私はかつて感じたことがないほど、それを届ける自信にあふれているからです。WyscoutのHudlファミリーへの加入によって、あなたのもとにこのエンド・ツー・エンドの環境がさらに一歩近づきました。

HudlとWyscoutの縁組みの詳細については、こちらの特設ウェブサイトをご覧ください。

ジョン・ワーツ、Hudl最高製品責任者

 

 

原文:The Inside View of Hudl’s Wyscout Acquisition
https://www.hudl.com/blog/the-inside-view-of-hudls-wyscout-acquisition

(追記:競技用語など、翻訳の正確性は保証いたしません。)