NBAシーズンの開幕が迫る中、アトランタ・ホークスのアシスタントコーチ、Nate Babcock氏が世界最高のプレーヤーたちに与えたアドバイスは「見て、学び、向上せよ。」だ。

 

Nate Babcock氏の任務は、ビデオルームの運用管理を通じてホークスのプレーヤーの成長を支えることだ。ビデオはプレーの改善に不可欠であると信じている。

ビデオの仕事をする仲間たちに何か一言と求められ、彼はこう言った。「ビデオコーディネーターに伝える最善のアドバイスは、時間を無駄にしないことです。」

Babcock氏「非常に多くのコーチが、価値のないことに多くの時間を費やしています。自分が最も大事に思うこと、そしてプレーヤーたちが最も大事にしていること、築いていこうとしていることを明確にしましょう。たいして大事でもない、ビデオの切り貼りなどに時間を使ってはいけません。」

 

Babcock氏「自分が大事に思うことを明確にし、そしてプレーヤーたちと過ごす時間を大事にしてください。練習の撮影でも、マンツーマンでの撮影でも、プレーヤーの成長を映像に収めておくのはとても大事なことです。」

 

 

Babcock氏は時折、プレーヤーやコーチが必要以上にややこしく考えすぎていると感じることがある。
ビデオの使用に関しては、シンプルであることがより効果的であると考えています。

 

Babcock氏「何もかも撮影しようと、大きなシステムや10人ものスタッフを抱える必要はありません。まず撮影すること、そこがスタートです。それを詳細に分析できたら素晴らしいことですが、まずプレーヤーを成長のプロセスに巻き込みましょう。プレーヤーと一緒にビデオを見るのです。」




「非常に多くのコーチが、価値のないことに多くの時間を費やしています。
自分が最も大事に思うこと、そしてプレーヤーたちが最も大事にしていること、
築いていこうとしていることを明確にしましょう。
たいして大事でもない、ビデオの切り貼りなどに時間を使ってはいけません。」


 

Babcock氏はNBAの偉大な選手たちと仕事をする中で、プレーヤーの成長は、仲間たちからの学びによるものだと信じるようになった。

 

Babcock氏「私が見てきた偉大なプレーヤーたちは、常に他のプレーヤーから学んでいます。
『あいつのあのプレーはすばらしい。盗んでやろう。』と考えています。
それを通じて、自分自身のやり方を確立していくのです。例えばブルックリンには、
『あいつのフィニッシュシーンのビデオを、いくつかまとめてくれないか。』と言ってくるプレーヤーがいました。」

ゲームの中のベストシーンから学ぶことに関して、Babcock氏はこんな言葉を紹介してくれた。
「最高のプレーヤーから学ぶことが、成功への近道だ。」と。

 

Babcock氏「ビデオを指導やプレーヤーの成長に使えるようになったのは、とても重要なことです。他のプレーヤーのビデオクリップを見せるのは、非常に良い効果があります。Manu Ginobiliの全盛時代、ロールターンを仕掛けた選手にパスを出すのが抜群に上手でした。シュートフェイクを入れ、大きな選手の注意を上に逸らしてポケットパスを出します。もしこのプレーの習得に苦しんでいるプレーヤーがいたら、Ginobiliのビデオを見せるでしょう。」

 

NBAでの競争は激しい。Babcock氏はビデオを使った指導で、プレーヤーたちに少しでも他人よりも勝るものを身につけさせようとしている。

「ブルックリンでは、チームの前のゲーム、もしくは2試合前のゲームをHudlに入れて、プレーヤーたちが試合の全体を見られるようにしていました。また多くのプレーヤーたちが、得点のパターンやプレースタイルを知るために、自分がマークすべき相手のプレーヤーのビデオクリップを見たいと求めてきました。」

 

Hudlが現代の試合をどう支えているのかを知るには、プロのバスケットボールチームに関するケーススタディ、NBAのデンバー・ナゲッツの例をご覧ください。

 

 

(原文) Which Parts of Analysis Do NBA Players Value the Most? Atlanta Hawks Coach Nate Babcock Talks Video

https://www.hudl.com/blog/which-parts-of-analysis-do-nba-players-value-the-most-atlanta-hawks-coach-nate-babcock-talks-video

原文は2018年11月に公開されたものです。

(追記:競技用語など、翻訳の正確性は保証いたしません。)