世界で認められた
スポーツ分析ソフト
「ハドル スポーツコード」
としてリニューアル

スポーツコードとは
動画を最大限に活用して、チームを勝利に導くための分析ツールです

スポーツパフォーマンス分析の黎明期より、エリートチームを中心にノウハウを蓄積。
世界の各競技のトップチームからも選ばれるMac専用のソフトです。

が選ばれる理由

柔軟性

「スポーツコード」は特定の競技の専用ソフトではありません。「チームプレーを見るか、選手個人を見るか?」「戦術分析に使うか、トレーニング指導に使うか?」アイディア次第で、どんな競技の、どんなチームの要求にも応えます。

機動力

「スポーツコード」に必要なのはビデオカメラとノートパソコンだけ。スタジアムのスタンドで分析し、統計データとビデオを試合中に随時、確認することも可能です。遠征帰りの新幹線でさらに細かく分析をし、 iPadやiPhoneにビデオクリップを移して視聴する光景も珍しくなくなりました。

速報性

「スポーツコード」なら、見たい映像の検索と再生もあっという間です。統計と映像がリンクしているので、例えば20試合の映像から「○○選手」の「タックル」のうち「成功した」数だけを瞬時に計算し、その映像を再生することも簡単です。

汎用性

「スポーツコード」は、そのユーザーをスポーツの世界だけに限定しません。授業中の教師の行動を研究している先生がいるかと思えば、病院でリハビリテーションの進行状況の記録、比較のために使われていたりと、その活用の分野は飛躍的に広がっています。

ライブコーディング

試合中でのデータ入力(コード入力)

ゲームを撮影しているカメラとMacを接続すれば、ライブでデータを入力でき、リアルタイムでフィードバックができる動画データベースができあがります。
もちろん、撮影後にじっくり入力、編集することもできます。

コードウィンドウ

ボタン操作だけで動画を分類、データベース化

ビデオ映像の編集(コーディング)はコードボタンによって行います。コードボタンはあらゆるシーンを短時間で効率的に入力できるように様々な機能を搭載し、チーム、監督、コーチなどの要求に合わせて自由に設計することができます。

タイムライン

タイムライン上に並んだクリップから見たいシーンを集めて再生

コードボタンを使って入力したプレーは、タイムライン上にインスタンスとして記録されます。インスタンスを選択してクリックするだけで、[オーストラリアのラインアウト]など、見たいプレーだけを編集、再生して見ることができます。

テキストラベル

プレー内容の情報もボタンから簡単入力。再生画面上に表示。

「ラベルボタン」に変更を使えば、個々のプレーに、さらに細かい情報を追加できます。例えば[ラインアウト]に[人数][位置][獲得]か[ターンオーバー]かなどの情報を追加できます。
テキストラベルボタンで入力した情報は、ムービーを再生するときに画面上に表示できます。位置は画像の上に重ねることも、ウィンドウの下部に表示することもできます。ミーティングやレビューでのビデオの内容が格段に分かりやすくなります。

コードマトリクス

マトリックス(集計表)からの動画再生

プレーの数やそこに記録されているラベルの情報は、マトリックス(集計表)上で一目で確認できます。単に回数の集計ができるだけでなく、ラベルを組み合わせての絞り込み検索、さらに数値をクリックすると該当するシーンを即座に再生してくれます。

ムービースタック

複数アングルからの動画のリンクと分析

複数の方向から撮影した映像を並行再生し、コード入力をすることができます。また複数のスタッフで分担して入力したデータを、最終的にひとつに合わせることも簡単に行うことができます。

ムービーオーガナイザー

ミーティングをより簡単に

複数の試合から、ミーティングで説明するシーンだけを選んで準備しておきたいとき、ムービーオーガナイザーにドラッグ&ドロップで登録しておけば、ミーティングで各試合のデータを開かなくとも、プレゼン用ムービーが作れます。

プランと機能

「Sportscode」のエントリーモデル

リアルタイムで狙ったシーンをマークし、すぐに編集・再生できます。編集・分析するためのキーワードは、目的に合わせて自由にカスタマイズできます。並行再生、オーバーレイ再生、画面への書き込みなど、わかりやすく見せるための再生方法も豊富に用意されています。「複数の試合からの検索」「映像ファイルの結合」など、映像データの効率よい整理ができます。

価格については、プラン、アカウント数によって変わります。
お見積りのご依頼をお願いします。

2019年 の新機能

マルチアングルキャプチャ

4K映像への対応

プレゼンテーション作成がより簡単に

ワークフローがよりシンプルに

2019年1月31日 米国ネブラスカ州リンカーン hudl本社にて
ライブイベントを開催いたしました。
その時のプレゼンテーションをご紹介します。

Sportscodeとセットでお勧め

試合中、リアルタイムでコーディング

ボタン操作で簡単にコード入力できるサービスです。
iPadやiPhoneでコード入力ができるサービスです。特徴はスタジアムなど、どこでも入力できるインタフェイスを用意しております。

試合中、即時に分析結果を共有

Sportscodeで導き出した結果を、まだベンチにいるコーチへ、即座にフィードバックします。
素早い共有で、試合中の意思決定を手助けします。

推奨環境

Version11 推奨動作条件

新規購入の場合:15インチ タッチバー付きMac Book Pro
Sportscodeを実行するために新しいマシンを購入する場合は、以下の構成の15インチタッチバーMacBook Proをお勧めします。
1) 2.6GHz以上クアッドコア i7プロセッサ
2) 16GB以上のRAM
3) Radeon Proグラフィックカード
4) 512GB以上のフラッシュストレージ

旧モデルMacBook Proの場合(最低動作条件)
Sportscodeを快適にお使いになるには、以下の仕様をお勧めします。
1) 2.3GHz以上クアッドコア i7プロセッサ
2) 16GB以上のRAM
3) Radeon Proグラフィックカード
4) 512GB以上のフラッシュストレージ
5) 15インチRetinaディスプレイ

特にリアルタイムでのビデオキャプチャを行う場合は、必ず独立したグラフィックカードとi7プロセッサを搭載したモデルをお使いください。

logo-hudl

ゲーム分析を始めるならhudl(ハドル)!
ビデオ分析、データ集計、共有、フィードバック
すべてが入ってチーム全員で使えるクラウド型サービス。

最適な活用方法をご説明させていただきます。