コンピュータやiPadを使ってゲーム後に入力する方法について説明しています。

iOSデバイスやウェブアップローダーからビデオをアップロードすると、iPadやコンピューターからチームスタッツやプレーヤースタッツを見ることができます。

 

コンピューターからのタグ入力について

1.コンピューターからログインし、「Video」をクリックします。

Video (12)

2.ビデオがアップロードされているスケジュールを選ぶ。

select_schedule (4)

3.「Tag the Video」をクリックし、試合の情報を入力します。

Tag_the_Video

4.「ハーフ制」か「クオーター制」を選択します。

Quarters_or_Halves

5.チームのカラーを選択します。

Jersey_Color

6.オプションからスタッツデータを入力するかどうかの選択します。

Stats_to_track

7.登録されている選手名を確認し、「Start Tagging」をクリックし開始します。

Screen_Shot_2016_02_03_at_9_03_13_AM

8.画面中央の「プレイ」をクリックし再生させ、入力パネルをクリックしながら入力していきます。

tipoff

9.クリックされたプレイは、タイムラインに表示されます。

last_action

10.オプションで選手の個人データを入力する設定をしている場合は、誰がシュートしたのかなどの入力をします。

Who_did_it

11.シュート位置の入力を行います。この入力は「ショットチャート」に反映されます。

location

12.シュートが入れば、アシストの入力をします。

assist

13.もし入力に間違えたら、タイムラインの間違っている箇所をダブルクリックします。

Double_click

14.どちらのチームの入力をするかを決定します。

who_shot_it

15.スタッツ情報を入力し、「Save」をクリックして保存します。

Add_Tag

 

iPadからのタグ入力について

1.コンピューターからログインし、「Video」をクリックします。

Video_160613_113418

2.タグ入力をしたいスケジュールを探し、「Tag the Video」をタップします。

Tag_the_Video_160613_113559

3.スタッツデータの入力を設定を行います。

Stats_off_160613_113650

4.チームカラーを決めます。

IMG_0509_3

5.「ハーフ制」か「クオーター制」を選択します。

Get_Started

6.ビデオを再生しながら入力を行います。必要に応じて再生/一時停止のボタンをタップします。

Wins_Tip

7.選手のスタッツ情報を入力する設定をしている場合は、プレーをした選手の入力を行います。

Who_shot_it_160613_113856

8.ショットの位置を追加することで、ショットチャートにデータが反映されます。

IMG_0522_3

9.アシストした選手を追加します。

Assist_160613_114002

10.「Undo」をタップすると入力した結果を取り消すことができます。

UNDO (1)

11.オプションをタップすると、チームカラーを変えたり、ハーフ制とクォーター制の設定や、選手のスタッツ情報を入力するかどうかを決定できます。

IMG_0530

12.「View Box Score」をタップすると、ボックススコアを見ることができます。

IMG_0528_3

13.「Save and Exit」をタップすると作業を中断して保存することができます。

Save_and_exit

14.入力が途中のスケジュールを選び、「Resume Tagging」をタップすると、続きから入力することができます。

Resume_Tagging