iPhoneからのタギング方法について説明します。

一般的な質問

プレーヤースタッツを入力するには? »

入力をミスした時の対処方法は? »

入力したデータとビデオを同期するには? »

 

ゲームにタグをつける

1.iPhoneのアプリからログインします。

2.左上のメニューアイコンをタップし、「Tag a Game」を選択します。

TagAGame

3.試合を選択します。スケジュールに無い場合は、「The game isn’t Listed…」を選択し、スケジュールに追加します。

Select_game

4.「Playing Them」か「Scouting Them」を選択します。

5.プレーヤースタッツの入力をするかどうかを「Yes」「No」で選択します。

Stats

6.「Yes」「No」を選択すると入力が始まりますので、キッキングオプションを選択します。

  • Kickoff: 2回ボールスポットを入力します。1つ目はレシーブをした位置です。2つ目はリターンした位置です。
  • Received
  • Onside Kick
  • Receiving Onside Kick

7.最初のポゼッションを入力します。選択するのは、

  • Run: Fumble, Penalty,QB Sacked and Touchdown
  • ・Pass: Complete, Incomplete, Interception and QB Sacked.
  • ・Penalty: もしペナルティが発生した場合は、結果を選択し、ヤードラインで位置を選択します。
  • ・Something Else: ここには、QB Scramble, FG Attempt, Puntがあります。
    Something_Else

8.4thダウンの時、Hudlは「Punt」と表示します。パントではない時は、「Something Else」を選択すると、FG attempt, Run, Pass, QB Scramble, Penaltyを選ぶことができます。

9.試合が終了したら、「End of Regulation」をタップし、「End of Game」もしくは「Overtime」を選択してください。

タギングされたデータは、3G、4G、Wi-Fiで自動的にアップロードされ、「Game footage」に用意されます。

 

プレイヤースタッツ

オフェンスの時は、

1.ランプレーの場合、ラッシャーをタップします。パスプレーの場合、パサーとレシーバーをタップします。

  • 選手名が見つからない場合、「Someone else」をタップし、選手リストから選ぶか手動で背番号を入力します。
  • 選手の入力をミスした場合、「Skip」をタップします。

2.「Done」をタップして入力を続けます。

ディフェンスの時は、

1.タックラー、アシストタックラーをタップします。

  • 選手名が見つからない場合、「Someone else」をタップし、選手リストから選ぶか手動で背番号を入力します。
  • 選手の入力をミスした場合、「Skip」をタップします。

2.「Done」をタップして入力を続けます。

 

詳細の説明

  • Fumble:ファンブルがあった場合、リカバーしたチームを選択し、ボール位置を選択します。
  • Touchdown:タッチダウンしたら、エクストラポイントの結果を入力します。もし、2ポイントコンバージョンを試みた場合は、「Something else」をタップし結果を入力します。
  • Complete:パスプレーが成功したらボール位置を選択します。
  • Incomplete:パスプレーが失敗したら、入力画面は次のダウンを表示します。
  • Interception:インターセプトが起こったらプレーの終わったらボール位置を選択します。ポゼッションは自動的に変わります。
  • QB Sacked:QBサックの時は、ボール位置を選択します。

 

キャッチアップ

もしも、試合中に入力できなかったところがあっても心配しないでください。Hudlでは試合後にそのシーンに戻ることができるので、任意に変更することができます。

1.入力ができなかったところがある場合「Catch Up」をタップします。

2.ポゼッション、ククォーター、ダウン数、ハッシュ、距離、位置、を選択し「OK, Let’s GO」をタップします。

Catch_Up (1)

3.入力ができていないデータを探し、入力します。

 

役に立つヒント

  • ハッシュはボール位置に合わせて画面の右側、左側、中央をタップすれば決定することができます。
  • 入力デバイスをフィールドの向きに合わせて入力することもできます。

 

ボックススコア

メールを使ってボックススコアを共有することができます。

1.Shareのアイコンをタップします。このオプションは、ハーフタイムと試合が終了した時のみ可能です。 

2.新しいメールが作成され、メールを送ることができます。自分自身、他のコーチ、メディアとボックススコアを共有することができます。

・ボックススコアの内容についてはこちらをクリック

ボックススコアのリンクは一般的なリンクなので、メールを受け取った誰もが見ることができます。

 

タグデータとビデオとの一致

タグデータとビデオの両方をアップロードすると、一致させることができます。もし「Tag a Game」からのアップロードでトラブルがあった場合、こちらをご覧ください。試合後、タグデータはビデオライブラリーにタグシンボルとしてプレイリストとして表示されます。

1.PCからログインします。「Video」から「Library」を選択します。

2.一致させたいタグデータとビデオを選択すると、それぞれの名前の横にあるボックスにチェックが入り、青くハイライトされます。

  • 複数の角度のビデオがある場合は、その全てを選択します。
  • ベーシックとエリートパッケージは、1つのビデオのみです。

3.右にある「Match」をクリックします。

Screen_Shot_2015_12_21_at_3_51_34_PM

4.矢印を使いタグデータとビデオが合っているかの確認をします。

Screen_Shot_2015_12_21_at_3_53_03_PM

5.ビデオクリップに分割、削除、別のクリップと結合、などの編集が必要な場合は、「online editing tools」をご覧ください。

6.全ての確認ができたら「Save」をクリックします。タグデータは、プレイリストから削除されます。