iPadからのタギング方法について説明します。

一般的な質問

途中で入力をミスした時の対処方法は? »

入力したデータとビデオを一致させる方法は? »

 

ゲームにタグをつける

1.「Menu」をタップし、「Tag a Game」を選択します。

Menu

2.試合を選択します。スケジュールに無い場合は、「The game isn’t Listed…」を選択し、スケジュールに追加します。

Game_not_listed

3.「Playing Them」か「Scouting Them」かを選択します。

Playing_Them

4.キッキングオプションを「Kickoff」「Received Kickoff」「Onside Kick」「Out of Bounds」「Penalty」の中から選択します。

選手情報のタギングは、オプションです。

Kickoff

5.キックオフタグについて

  • Kicker:キックオフした選手をタップします
  • Returner:リターナーした選手をタップします
  • Tacker:タックルに参加した選手をタップします
  • Caught On:ボールをどこでキャッチしたのかを選択します
  • Return On:ボールがどこからリターンされたかを選択します
  • Hush:ハッシュ位置を選択します
    Kickoff_tagged

6.キックオフの後、最初のポゼッションが始まります。使用できるオプションは下の通りです。

  • RUN
  • Complete Pass
  • Incomplete pass
  • QB Scramble
  • Interception
  • QB Suck
  • Punt
  • FG Attempt
  • Penalty
    First_Play

7.ランプレーの場合、「RUSER」「TACKLER(s)」「Spot The Ball」「HUSH」を入力し、「Finish Tagging this Play」をタップし入力を完了します。

Run

8.4thダウンの場合、Hudlは「Punt」と想定し、ハイライトします。もし「Punt」ではない場合、他のオプションを選択してください。

Punt

9.試合が終了したら、「End of Regulation」をタップし、「End Game」を選択してください。

10.Wi-Fiに接続している時、「Upload Stats to Hudl.com」をタップします。入力したデータは、自動的にライブラリーへインポートされ、試合のビデオと同期する準備を始めます。同期の方法は「Matching Tagged Data to Your Video Clips」を見てください。

 

キャッチアップボタン

もしも、試合中に入力できなかったところがあっても心配しないでください。Hudlでは試合後にそのシーンに戻ることができるので、任意に変更することができます。

1.入力ができなかったところがある場合「Catch Up」をタップします。

Catch_Up

2.ポゼッション、クォーター、ダウン数、ハッシュ、距離、位置、を選択し「OK, Let’s GO」をタップします。

Catch_it_up

3.入力ができていないデータを探し、入力します。

 

ヒントとコツ

1.チームスタッツを入力するために、選手の情報が登録されているかどうかを確認してください。

 

タグデータとビデオを一致する

タギングしたデータとビデオをアップロードすると、一致させることができます。もしうまくアップロードが出来ない場合は、こちらをご覧ください。アップロードされたデータはライブラリーに表示されます。

1.PCからログインし、「VIDEO」から「Library」を選択します。

2.一致させたいタグデータとビデオを選択すると、それぞれの名前の横にあるボックスにチェックが入り、青くハイライトされます。

  • 複数の角度のビデオがある場合は、その全てを選択します
  • ベーシックとエリートパッケージは、1つのビデオのみです

3.右にある「Match」をクリックします。

Match

4.矢印を使いタグデータとビデオが合っているかの確認をします。

Arrows

5.ビデオクリップに分割、削除、別のクリップと結合、などの編集が必要な場合は、「online editing tools」をご覧ください。

6.全ての確認ができたら「Save」をクリックします。タグデータは、プレイリストから削除されます。

Save